睡眠不足がギャンブルに与える影響

皆さんは最近、睡眠はしっかりととれていますか?それは質の良い睡眠ですか?ここでは、睡眠不足でお悩みの方や、夜通しカジノでプレイする典型的なギャンブラーの方向けに、「睡眠不足による悪影響」について説明していきます。

実は、ある科学的研究によって、ギャンブラーが睡眠不足に陥った際に起こりうる最悪のシナリオがわかっているのです。では早速、パフォーマンスや認知能力、負け続けた後の持ち直しなどにどのような影響があるのか、見ていきましょう。

  •        疲労増長の可能性 – 睡眠不足により、疲労度を高めたり、エネルギーレベルが低下したりしやすくなります。グリコーゲンや炭水化物の生成を最小限に抑えることが確認されているため、プレイ中のエネルギーの消費がエネルギーの低下やゲームへの集中力の欠如につながる恐れがあります。
  •        認知パフォーマンスへの影響 – 深夜になってから寝ても大丈夫だと思っている人が多いようですが、ほんの少しでも睡眠が足りなければ、柔軟性、注意力、反応スピードなどの認知パフォーマンスに負の影響を及ぼします。注意力・認知能力が鈍っているがために、不運に見舞われることにもなりかねません。
  •        ギャンブル依存症 – 睡眠不足は認知能力に深刻な影響を与え、短期的な多幸感は負の依存行動を引き起こします。ギャンブラーがたった1回の賭けでは満足せず、その後もプレイをやめられないのはそのためです。睡眠不足が原因によるギャンブル依存症に関する科学的な研究もあります。また、判断力の低下も、睡眠不足による悪影響の一つです。
  •        不安と抑うつ – 睡眠不足は、うつ病、不安、不適切な昼寝の習慣、カフェインの過剰摂取、電子機器からの電磁波、睡眠障害、さらには食生活の乱れなどの原因となりえます。

ギャンブルをしない普通の人でも、睡眠不足になると、仕事をする時の効率が低下します。カードを記憶し、ゲームに集中し、スポーツベッティングで正しい判断をするために注意力を維持しなければならないギャンブラーにとっては、より深刻であり、致命的な問題です。結論を言えば、ギャンブルで優れたパフォーマンスを発揮するためには、十分な睡眠が必要なのです。ギャンブラーは皆、勝ちたいと思っているもので、ゲームに負けたいと思う人はいないでしょう。ですので、どんなタイプのギャンブラーでも、質の良い睡眠習慣を身につけておく必要があります。

質の良い睡眠習慣は、前向きな気持ちを維持し、何事にもハイレベルなパフォーマンスを発揮することができます。睡眠不足でお困りの方は、一度医師に相談してみてはいかがでしょうか。しかし、悪い睡眠習慣を自分で改善できるとお考えであれば、いつもの生活をちょっとだけ変えてみましょう。夜眠る前のルーティーンをゆっくりと時間をかけて行いましょう。あまり「寝ないと!」と必死に考えすぎてはいけません。眠りにつけない時には、羊を数えてみるのもいいですが、寝る時間になったらきちんとベッドに入って目を閉じましょう。

「一度なったら死ぬまでギャンブラー」という言葉があります。生涯にわたって優れたプロギャンブラーであり続けるための秘訣は何だと思いますか?間違いなく、「質の良い睡眠をとる」ことはその秘訣のひとつに入るでしょう。